高齢化社会だからこそリフォームは慎重に行う

地方都市など地価が安い場合、固定資産税も安いことから十年に一度自宅を大幅にリフォーム、建て替えをする人は多いでしょう。
しかし、この不況でリフォームすら躊躇してしまうという人も少なくありません。

減税対象になるリフォーム

自分の思い通りのリフォームはとても高い費用を必要としますが、中には減税が適用されるものもあります。
省エネリフォームや耐震リフォームなどがそれなのですが、高齢化社会に突入した昨今、バリアフリーリフォームがオススメです。
ただし、いくつかの条件を満たさないと適用されませんので、事前に調べておきましょう。

リフォーム内容よりも大切な条件

バリアフリーリフォームは特定の施工内容でなければ適用されないのですが、それ以前に居住者にいくつかの条件が課されます。

・世帯主が50歳以上
・65歳以上の高齢者と同居
・介護保険法が規定する要介護の認定を受けている
・所得税法上において障がい者である

もし、以上に該当する場合、掘り下げてリフォーム内容についてチェックしていく必要があります。