自分でもできる自宅のメンテナンス

家屋の老朽化は思いの外早いものです。実際に住んでいる側としては内装しか目につきませんが、雨風に晒される屋根などは雨漏りしてから初めてその老朽化に気づくものです。
できればそうなる前にメンテナンスしておきたいところ。

屋根のメンテナンスは夏場に行うこと

自分でもできる自宅のメンテナンスの一つに屋根の塗り替えがあります。これは外観を維持するためでなく、雨漏りを防ぐのに大変有効です。
まず屋根に上ってみましょう。おそらく、所々ペンキが剥がれているはずです。そのまま放置していると腐食し雨漏りがはじまります。
全塗りは難しいですが、こういったピンポイント塗装なら、夏場に早朝から塗り始めればその日のうちに乾いてしまいます。また、万が一腐食しているところがあったら止水コーキングを塗りましょう。これで貼り替えまでの年月が長くなります。

日曜大工で雨樋を交換

台風シーズンや雪が解けた春先などに雨樋が外れかかっていたり、割れているのを発見できます。
これも、ハンマーと釘、ホームセンターで売られている資材で比較的簡単に交換することができますので、全取り替えになる前にメンテナンスしておきたいところです。