核家族にオススメのアニマルセラピー

核家族化が進む現代ですが、人生のイベントの一つにその少ない家族の誰か、特に親と死別するということが必ずあります。
とても悲しいことですが、その後の生活にもハリがなくなってしまうため、心の健康を維持するため何かを考えなくてはなりません。

ペットを飼うという選択肢

「何かを考える」とはいえ、漠然と思いつくものはそれほど多くありません。そこでオススメなのがペットを飼うことです。
寂しさを紛らわすだけと思われがちですが、動物が与える影響は想像以上のもので、海外ではアニマルセラピーとして年々治療法も進化しています。

身近で飼いやすいペット

ハムスターなどの小動物もいいのですが、寿命が短いためお別れが辛いものになります。
そこで、定番の犬、猫といった身近なペット動物だと寿命も長く、飼育も難しいことはありませんからオススメです。
猫はあの「ゴロゴロ」という喉の音にリラックス効果があり、また、人間と同じく大脳新皮質があるため人間と同じく理知的だとも言われています。