家族の日常に癒しを与えてくれる

家族が亡くなるというのは悲しいことです。そこで、ペットを飼う人が増えています。
勿論、ペットが亡くなった家族の代わりにはなりませんが、癒しを与えてくれます。

高齢者なら犬よりも猫

動物はそれぞれに特性があり、人間に忠実、感情を理解してくれるのは犬だと言われています。
ただ、飼い主が高齢者であったばあい、散歩などが困難なこともしばしば。
そう考えると、気まぐれとはいえ猫がオススメということになります。最近ではアニマルセラピーでも猫の癒し能力が証明されています。

品種はどれがオススメか?

ペットの人気は外観で決まることがしばしばです。なので、実際飼うとあまりなついてくれなくて悲しいということもあり得ます。
猫を飼うことを考えた場合、もっともなついてくれるのはロシアンブルーです。
ロシアンブルーはボイスレスキャットとも呼ばれ、あまり鳴きませんが、飼い主に忠実でつねに傍にいなくてはならない性質があります。思考も犬に近いとも言われ、寂しさを紛らわすのにも打ってつけです。

飼うときの注意点

高貴な容姿のロシアンブルーですが、元々は山猫の血が入っているそうです。そのため、個体によっては成猫になると凶暴化する場合もあるため、事前にブリーダーに相談して引き取ることをオススメします。