もはや他人事ではない相続税

お金持ちの家に生まれたかったと思う人は多いでしょうが、それは隣の芝は青く見えるというものです。
実際には色々と面倒なことがあるのです。

遺産はメリット・デメリットがある

自分で所有している動産が無くても、両親、もしくは自分が相続人である場合、遺言状に基づいて土地や家が相続されます。
仮に今住んでいる、もしくは実家が自分のものになるというならとてもありがたいことです。
ところが、あまりにも財産が多いと課税対象になります。相続税のことですね。

相続税は数年前まで他人事でした。何故なら、課税対象になりうるだけの財産を有している人が少なかったからです。
ところが、現在は課税対象額が下がり、もはや他人事では済まされない状態になっているのです。

両親が所有している財産を確認する

両親が亡くなって相続されるのが実家の家屋と土地だけだと思いこんでいる方もいるでしょうが、資産運用として宅地や住宅物件を所有し賃貸しているということもありえます。

こういった場合、遺産相続時に「知らなかった」では済まされません。相続税が課税されるまでの期間はとても短いので、対策のしようがないのです。

なので、縁起のいい話ではありませんが、両親の所有する不動産などを把握することから始めましょう。